6月2日は「ローズの日」 薔薇が香るベイクドチーズケーキが新発売

薔薇が香るチーズケーキ「bake rose」のイメージ画像
6月2日「ローズの日」のギフトに最適なバラの香りが特徴のチーズケーキ「BAKE ROSE」(税込 4,320円 ※送料別途)。

6月2日(木)のローズの日に向けて、香るチーズケーキのオンラインストア「CINQ CHEESE CAKE」(サンクチーズケーキ)から、薔薇の香りが特徴のベイクドチーズケーキ「BAKED ROSE」(ベイクド・ローズ)が新登場。

大切な人へ感謝を伝える日である「ローズの日」。薔薇が香るベイクドチーズケーキに薔薇の花を添えて、日ごろの感謝を表現してはいかがだろうか。

に駐日ブルガリア大使が宣言。6月2日は「ローズの日」

薔薇の花のイメージ
6月2日は日頃の感謝を伝える「ローズの日」。

6月は薔薇が美しく咲くシーズン。薔薇の産地として有名なブルガリアでは、薔薇の収穫を祝うとともに、大切な人へ感謝の気持ちを伝えあう感謝祭が開催される。

こうした文化を日本でも広げようと、2011年に駐日ブルガリア大使が、6月2日を「ローズの日」(6=ロー・2=ズの語呂合わせ)と宣言し、2017年には一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

日本花き卸売市場協会でも前後3日間を「ローズウィーク」として、産地や花市場、生花店などと連携し、バラの魅力を発信している。

ローズの日にぴったりなスイーツ 薔薇が香るベイクドチーズケーキ

薔薇が香るチーズケーキ「bake rose」の断面
絶妙な焼き加減が驚きの食感を生み出す。

特別な製法で醸し出す薔薇の香りと、レモンの爽やかな香りがマッチする、今までにないベイクドチーズケーキは、絶妙な焼き加減により、外側はしっかりした食感ながら、中は驚くようなくちどけに仕上げている。

チーズケーキに添えるなら、どんな薔薇がおすすめ?

赤いバラの花束
花の色や本数で意味合いが変わる薔薇の花。

薔薇には花の色や本数により異なる意味があることをご存じだろうか。

色では赤色が「あなたを愛しています・愛情・情熱」など、白色が「あなたは私にふさわしい・純潔・深い尊敬」などを意味している。

本数では、1本が「一目惚れ・あなたしかいない」、2本は「この世界はあなと私の2人だけ」などを意味する。

サンクスギフトであれば、5本「あなたに出会えた心からの喜び」や、8本「あなたの思いやりに感謝」などがおすすめだ。

伝えたい気持ちや、贈る相手のイメージで選んではいかがだろうか。

なお、黄色い薔薇には「友情」などの意味がある一方で「不貞・嫉妬・薄らぐ愛」の意味が、黒い薔薇は「永遠の愛」を意味する一方で「憎しみ・恨み」の意味があるため、要注意だ。

本数でも、7本には「片思い・ひそかな愛」、12本には「プロポーズ(Dozen Rose)」の意味があるので、場合によっては誤解を与えないように、こちらもご注意いただきたい。

「BAKED ROSE」商品概要

薔薇が香るチーズケーキ「bake rose」
「BAKE ROSE」は公式オンラインショップにて購入可能。
  • 商品名:BAKED ROSE
  • 販売開始:2022年5月20日(金)
  • 発送開始:2022年5月23日(月)~
  • 販売価格:¥4,320(税込)
  • 容量:約500g
  • サイズ:長さ17cm・高さ6cm・幅6.5cm
  • ご購入方法:公式ホームページより購入可能。
  • 詳細は「CINQ CHEESE CAKE」公式オンラインストアにてご確認ください。

※画像はプレスリリースより(一部フリー素材サイトより)
※2022年5月現在の情報

コメント

カテゴリーから探す

タイトルとURLをコピーしました